Technics EAH-AZ60にはどのイヤーピースが合うか?8つのイヤーピースで比較

eartips オーディオ

こんにちは、isukoです。

これまで、様々なイヤーピースを購入し、レビューしてきました。

今回は、Technics EAH-AZ60に

  • final Eタイプ BLACK
  • final Eタイプ CLEAR
  • JVC スパイラルドット
  • JVC スパイラルドット++
  • AZLA SednaEarfit Crystal
  • SpinFit CP360
  • AZLA SednaEarfit XELASTEC(2022年6月9日追加)
  • intime iReep01(2022年6月13日追加)

を装着した感想のまとめと、EAH-AZ60に合うイヤーピースを紹介したいと思います。

Technics EAH-AZ60にはどのイヤーピースが合うか?

まず結論ですが、EAH-AZ60にはfinal Eタイプ BLACKがおすすめです。

音に解像感がありながらも刺さらない音という感じで、EAH-AZ60の持ち味をさらに引き出してくれているように感じました。

もしイヤーピースをしていて耳がかゆくなってしまうという人は、優れた機能を持つシリコンを採用しているAZLA SednaEarfit CrystalかSpinFit CP360のどちらかを選択すると良いと思います。

刺さらない音を求めるのであればSpinFit CP360を、華やかな音を求めるのであればAZLA SednaEarfit Crystalをおすすめします。

(2022年6月9日追記)

AZLA SednaEarfit XELASTECはfinal Eタイプ BLACKと似た傾向の音に感じましたが、よりボーカルが聴き取りやすくなったと感じました。

音は刺さりやすい印象ですが、ボーカルをはっきりと聴きたいという人にはSednaEarfit XELASTECがおすすめです。

(2022年6月13日追記)

intime iReep01は音が刺さるという印象を持っている人にはおすすめですが、軸が長いため、相当気をつけて充電ケースに収納しないと充電ができません。

(2022年4月25日追記)

final Eタイプ BLACKの在庫がないという人は、finalの有線イヤホンを購入すると全サイズ付属してきますので、検討してみてはいかがでしょうか。

E1000から買い換える価値はある? final E1000、E2000、E3000を比較レビュー
今回は、final E1000、E2000、E3000の比較レビューをしました。final E1000、E2000、E3000は同じ形状ながら、性格が大きく異なるので、全て購入しても音質の違いを楽しめると思います。

Technics EAH-AZ60に装着した感想まとめ

私がイヤホンに求めることは、

  • 装着感が良い
  • ボーカルが気持ちよく聴こえる
  • 刺さった音がしない

です。

この点についてどうか紹介していきます。

また、私はEAH-AZ60に付属のイヤーピースはMサイズでフィットしていました。

それぞれのイヤーピースのサイズも記載しますので、参考にしてみてください。

final Eタイプ BLACK

final-type-e-black-technics-eah-az60

Lサイズでフィットしました。

傘の部分が柔らかいため、違和感は少ないです。

また、これまでやや奥まっていたボーカルがかなり前に来ています。

全体的にクリアで迫力がありながらも、刺さらない音という感じがしました。

定番イヤーピースの実力は? final Eタイプ BLACK レビュー
今回は、final Eタイプ Blackのレビューをしました。アタック感が増した印象でボーカルが聴きやすくなり、さすが定番といった感じがしました。

(2022年4月25日追記)

final Eタイプ BLACKの在庫がないという人は、finalの有線イヤホンを購入すると全サイズ付属してきますので、検討してみてはいかがでしょうか。

E1000から買い換える価値はある? final E1000、E2000、E3000を比較レビュー
今回は、final E1000、E2000、E3000の比較レビューをしました。final E1000、E2000、E3000は同じ形状ながら、性格が大きく異なるので、全て購入しても音質の違いを楽しめると思います。

final Eタイプ CLEAR

final-type-e-clear-technics-eah-az60

Lサイズでフィットしました。

BLACKと同様、傘の部分が柔らかいため、違和感は少ないです。

ただ、BLACKと違い、全体的にマイルドになった印象を受けました。

他カラーとの違いは? final Eタイプ CLEAR レビュー
final Eタイプ CLEARのレビューをしました。カラーが違うだけですが、音質が大きく変わったように感じました。

JVC スパイラルドット

jvc-spirial-dot-technics-eah-az60

MLサイズでフィットしました。

やや圧迫感が強い印象を受けました。

低音のアタック感が強く、ボーカルはまだ遠いながらも前に来ている感じがしました。

高音はやや耳に突き刺さる印象を受けました。

内側のドットで音がどれだけ変わる? JVC スパイラルドット レビュー
JVC スパイラルドットをレビューしました。低音が心地よく響き、様々な音がバランス良く聴こえる印象でした。

JVC スパイラルドット++

jvc-spiral-dot++-technics-eah-az60

MLサイズでフィットしました。

柔らかい素材のため、違和感は少なかったです。

刺さる音はない印象でした。

しかし、ボーカルはやや遠い印象を受けました。

ハイエンドイヤーピースの実力は? JVC スパイラルドット++ レビュー
JVC スパイラルドット++をレビューしました。スパイラルドットで感じた装着感、音質についての違和感を解消し、さすがハイエンドイヤーピースだという感じがしました。

AZLA SednaEarfit Crystal

azla-sednaearfit-crystal-standard-technics-eah-az60

MSサイズでフィットしました。

ドイツ製最高級シリコンを採用しているため、違和感は非常に少ないです。

全体的に音が明るくなった感じがしました。

高音に迫力がありますが、やや刺さる印象です。

ボーカルは少し遠い印象です。

for TWSよりも完全ワイヤレス向け? AZLA SednaEarfit Crystal Standard レビュー
同社のShortシリーズと同様のサイズのSednaEarfit Crystal Standardをレビューしました。これまで通りの使用感を求める人にはStandardをおすすめします。

SpinFit CP360

spinfit-cp360-technics-eah-az60

Lサイズでフィットしました。

医療グレードの柔らかいシリコンを採用しており、さらに特許を取得した3Dクッション構造で耳の穴の角度に応じてイヤーピースの傘の部分の角度も変化するため、違和感が少ないです。

音は全体的にマイルドな印象ですが、低音は心地よく響く印象でした。

刺さる音はあまりありませんが、ボーカルはやや遠く感じました。

耳がかゆくなりにくい SpinFit CP360 レビュー
SpinFit CP360をレビューしました。普通のイヤーピースを使っていて耳がかゆくなってしまうという人にはおすすめです。

AZLA SednaEarfit XELASTEC

azla-sednaearfit-xelastec-technics-eah-az60

MSサイズでフィットしました。

熱で柔らかくなる素材を使用しているため、圧迫感がなく、快適に使用できます。

クリアでボーカルが聴き取りやすくなりましたが、音は刺さりやすくなった印象です。

クリアでボーカルが聴き取りやすくなる AZLA SednaEarfit XELASTEC レビュー
AZLA SednaEarfit XELASTECをレビューしました。音がクリアになり、ボーカルが聴き取りやすくなった反面、音が刺さるようにはなったと思います。

intime iReep01

intime-ireep-01-technics-eah-az60

Mサイズでフィットしました。

軸が長いため、耳の奥にしっかりと入る印象です。

イヤーピース内で音が反響するような独自の形状になっているため、音に広がりがあり、迫力も感じます。

音は刺さらないので、音が刺さるという人にはおすすめですが、軸が長いため、相当気をつけて充電ケースに収納しないと充電ができません。

イヤーピースだけで音の広がりと迫力を実現 intime iReep01 レビュー
intime iReep01をレビューしました。今まで刺さる音があった印象のEAH-AZ60でも、刺さる音がなくなり、音の広がりも感じました。

まとめ

今回は、Technics EAH-AZ60に合うイヤーピースを紹介しました。

私にはfinal Eタイプ BLACKを装着したときが装着感、ボーカルとの距離感、刺さる音の少なさ全てで優れていると感じました。

(2022年6月9日追記)

音は刺さりやすくなりますが、ボーカルを聴きたいという人にはAZLA SednaEarfit XELASTECがおすすめです。

(2022年6月13日追記)

音が刺さるという人にはintime iReep01がおすすめですが、相当気をつけて充電ケースに収納しないと充電ができません。

複数のイヤーピースを購入して試してみましたが、イヤーピースだけでも音が大きく変わると感じました。

今使っているイヤホンの装着感や音で気になる部分がある人は、イヤホンを変える前にイヤーピースを変えてみてはいかがでしょうか。

(2022年4月25日追記)

final Eタイプ BLACKの在庫がないという人は、finalの有線イヤホンを購入すると全サイズ付属してきますので、検討してみてはいかがでしょうか。

E1000から買い換える価値はある? final E1000、E2000、E3000を比較レビュー
今回は、final E1000、E2000、E3000の比較レビューをしました。final E1000、E2000、E3000は同じ形状ながら、性格が大きく異なるので、全て購入しても音質の違いを楽しめると思います。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました