2台同時接続できるBluetoothイヤホンのおすすめ4選+1

xround-forge-nc-technics-eah-az60-jabra-elite-85t オーディオ

こんにちは、isukoです。

最近は2台同時接続することのできるBluetoothイヤホンが発売されてきています。

2台同時接続できることで、PCで映像を視聴しながら、スマートフォンにかかってきた電話をそのまま受けられるというようなメリットがあります。

しかし、2台同時接続することのできるBluetoothイヤホンは基本的に高価ですし、実際の使い勝手はどうなのか気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、2台同時接続することのできるBluetoothイヤホンのおすすめを、私が使用してきた中から紹介します。

マルチポイントとマルチペアリングの違い

マルチポイントとマルチペアリングという言葉を聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

似たような言葉ですが、意味は全く異なります。

マルチポイントとは、複数のデバイスに同時に接続することです。

一方マルチペアリングとは、複数のデバイスのペアリング情報を保存しておけることです。

つまり、マルチペアリング対応のイヤホンは複数のデバイスに同時に接続することはできません。

2台同時接続することのできるイヤホンを調べたいという人は、マルチポイント対応のものを調べるようにしてください。

また、今のところ、マルチポイントといっても、3台同時接続ができるものはありません。

マルチポイント対応のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン3選

まず、マルチポイント対応のおすすめ完全ワイヤレスイヤホンを3つ紹介します。

以下で挙げる3つについては様々な観点から比較したので、興味のある人は読んでみてください。

XROUND FORGE NC vs Technics EAH-AZ60 vs Jabra Elite 85t 比較レビュー
3つの完全ワイヤレスイヤホンの比較レビューをしました。FORGE NCは細かい部分では気になる箇所はありますが、価格を考えれば許容できますし、他のハイエンドイヤホンとも十分に戦える性能だと思います。

ひとまず選ぶなら:XROUND FORGE NC

ひとまず選ぶならXROUND(エックスラウンド)のFORGE NCがおすすめです。

約13,000円(Amazon、記事公開時点)という価格ながら、

  • マルチポイント(2台同時接続)
  • ノイズキャンセリング
  • 外音取り込み
  • ワイヤレス充電
  • 高音質コーデック(apt-X Adaptive)対応

など、欲しい機能は全て入っている完全ワイヤレスイヤホンです。

マルチポイントを試してみたいという人はこれから試してみてはいかがでしょうか。

コスパ抜群の新・全部入り完全ワイヤレスイヤホン XROUND FORGE NC レビュー
XROUND FORGE NCをレビューしました。この価格では考えられないほど多機能、高音質で、非常にコストパフォーマンスの高い、使いやすい完全ワイヤレスイヤホンです。

3台以上接続したいなら:Technics EAH-AZ60

3台以上接続したいという人は、Technics(テクニクス)のEAH-AZ60がおすすめです。

現状マルチポイント対応と言っても、3台以上同時に接続できるものはありません。

しかし、EAH-AZ60は一度ペアリングを済ませてしまえば、その後はすでに2台同時に接続されている状態でも、接続したいデバイスのBluetooth設定から「EAH-AZ60」を選択することで、割り込んでペアリングを行うことができます。

3台以上のデバイスで接続を切り替えて使いたいという人はEAH-AZ60を試してみてください。

期待以上の装着感と機能性 Technics EAH-AZ60 開封&ファーストレビュー
TechnicsのEAH-AZ60の開封とファーストレビューをしました。耳の奥まで入れない装着感で、複数台の接続が非常に優秀で期待以上でした。

音質より機能性を重視したいなら:Jabra Elite 85t

音質よりも機能の安定性を重視したいのであればJabra(ジャブラ)のElite 85tがおすすめです。

2台のデバイスへの接続がスムーズですし、一方のデバイスで音声を再生しているときにもう一方のデバイスで音声を再生すると、すぐに接続が切り替わり、音が途切れるということもありません。

Technics EAH-AZ60 vs Jabra Elite 85t 比較レビュー
Technics EAH-AZ60とJabra Elite 85tの比較レビューしました。音質重視の人はEAH-AZ60を、マルチポイント対応で自然な外音取り込み機能が欲しい人はElite 85tを選ぶのが良いのではないかと思います。

また、ノイズキャンセリング、外音取り込みも優秀です。

音質は上に挙げた2つより不自然に感じますが、機能は高水準です。

音質より機能性を重視したいという人は試してみてはいかがでしょうか。

2台のデバイス間を自在に切り替え Jabra Elite 85t レビュー
AirPodsシリーズのような複数台接続機能をもつ、Jabra Elite 85tを紹介します。2台までですが、OSによらず、同時接続することができます。

マルチポイント対応のおすすめワイヤレスイヤホン:Shokz OpenMove

Shokz(ショックス、旧AfterShokz)のOpenMoveは同社の骨伝導イヤホンのエントリーモデルの位置付けです。

骨伝導イヤホンは耳をふさがない形状になっているので、周りの音をしっかり聴きながら音楽も聴きたいという人にはおすすめです。

低音は出にくい印象ですが、人の声は聞き取りやすいので、オンライン会議でも活用できます。

2台同時接続できて、耳をふさがないイヤホンが欲しいという人は、OpenMoveを試してみてください。

耳をふさがないのに高音質 AfterShokz OpenMove レビュー
AfterShokzのOpenMoveをレビューしました。骨伝導ヘッドホンを初めて使う人にはおすすめです。

(番外編)マルチポイント対応のBluetoothレシーバー:FiiO BTR5 2021

有線イヤホンをマルチポイント対応のワイヤレスイヤホンにしたいという人は、FiiO(フィーオ)のBTR5 2021がおすすめです。

好きな有線イヤホンを無線化できるだけでなく、2台同時接続が可能です。

USB-DACとしても使用でき、無線でも有線でもハイレゾ音質で音楽を楽しむことができます。

自分のお気に入りの有線イヤホンをマルチポイント対応にしたいという人はBTR5 2021を試してみてはいかがでしょうか。

有線イヤホンを無線化できるBluetoothレシーバー FiiO BTR5 2021 レビュー
FiiO BTR5 2021のレビューをしました。万能で使いやすい端末だと思うので、使ってみてはいかがでしょうか。
フィーオ
¥19,500 (2022/08/08 14:09時点 | Amazon調べ)

まとめ

今回は、2台同時接続することのできるBluetoothイヤホンのおすすめを、私が私が使用してきた中から紹介しました。

私はマルチポイント対応のイヤホンを使ってから対応していないイヤホンに戻ることはできなくなってしまいました。

マルチポイントは非常に便利なので、対応しているイヤホンを試してみてください。

フィーオ
¥19,500 (2022/08/08 14:09時点 | Amazon調べ)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました