有線イヤホンを無線化できるBluetoothレシーバー FiiO BTR5 2021 レビュー

fiio-btr5-2021-package-front オーディオ

こんにちは、isukoです。

最近は完全ワイヤレスイヤホンが人気で、多くの人が使用しています。

しかし、音質を求めるのであれば、音質を高めることに集中できる有線イヤホンの方が有利です。

ですが、最近のスマートフォンがイヤホンジャックが廃止されてきており、そのままでは有線イヤホンを使うことができません。

そこで、有線イヤホンを無線化する方法を知りたいという人や、さらに家ではスマートフォンに有線イヤホンを接続して聴きたいという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • 有線イヤホンの無線化
  • スマートフォンに有線イヤホンを接続

のどちらも実現できる万能なBluetoothレシーバーのFiiO BTR5 2021をレビューします。

フィーオ
¥21,650 (2022/11/25 02:19時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天BLACK FRIDAYセール!/
楽天市場

FiiO BTR5 2021 開封

fiio-btr5-2021-package-front

パッケージ表面には本体の画像が大きく印刷されています。

光の当たり具合によって虹色に輝くようなパッケージになっており、かっこいいです。

右上には有線、無線共にハイレゾ再生に対応しているマークがあります。

fiio-btr5-2021-package-back

パッケージ裏面にはaptX、aptX HD、LDACのマークが印刷されています。

fiio-btr5-2021-quick-start-guide

パッケージを開封すると、まずクイックスタートガイドが入っています。

日本語での説明も書かれています。

fiio-btr5-2021-unboxed

クイックスタートガイドを取り出すと、本体と付属品が入っています。

fiio-btr5-2021-accessories

付属品はクリップ付きのケース、USB-A to Cケーブル、USB-C to Cケーブルが入っています。

fiio-btr5-2021-front

本体は丸みを帯びたデザインで、全体的に光沢感があります。

fiio-btr5-2021-back

本体裏面にも有線、無線ともにハイレゾ再生に対応しているマークがあります。

fiio-btr5-2021-side-1

本体側面には技適のシールが貼られています。

fiio-btr5-2021-side-2

もう一方の側面には電源ボタン、ペアリングボタン、音量ボタンがあります。

fiio-btr5-2021-side-3

上面には3.5mmヘッドホン出力と2.5mmバランスヘッドホン出力があります。

fiio-btr5-2021-side-4

底面にはUSB-Cポートがあります。

fiio-btr5-2021-iphone-se2

本体はiPhone SE第2世代と比べても非常に小さいです。

fiio-btr5-2021-weight

重量は44gですが、小ささゆえか、中身が詰まっている印象です。

fiio-btr5-2021-case-front
fiio-btr5-2021-case-back

ケースを装着すると上の画像のようになります。

ポートやボタンがあるため、四隅のみが保護されているような状態になっています。

クリップの強さは問題ないと思います。

fiio-btr5-2021-case-weight

ケース込みでの重さは約54gです。

FiiO BTR5 機能

Bluetoothレシーバー

FiiO BTR5はPCやスマートフォンとBluetooth接続し、有線イヤホンをワイヤレスイヤホン化することができます。

コーデックは、

  • SBC
  • AAC
  • aptX
  • aptX Low Latency
  • aptX HD
  • LDAC

に対応しています。

fiio-btr5-2021-codec

接続しているコーデックはディスプレイで確認できます。

また、2台同時にペアリングすることができるマルチポイントにも対応しています。

USB-DAC

また、付属のUSB-C to Cケーブルをスマートフォンにつないで有線で高音質の音楽を聴くこともできます。

最近はイヤホンジャックを搭載しないスマートフォンが増えてきているので、有線で音楽を聴きたい人はUSB-DACが必要になります。

fiio-btr5-2021-usb-dac-data

USB-DACで使用しているときは、BTR5 2021のディスプレイに音源のサンプリングレート(音源をどれだけ詳しく分析するか)が表示されています。

fiio-btr5-2021-usb-dac

注意点ですが、付属のUSB-C to Cケーブルには接続の向きがあります。

ケーブルに印刷されている矢印がスマートフォンからBTR5 2021に向くように接続しないとUSB-DACとして使用することができません。

ちなみに、通常のUSB-CケーブルでもUSB-DACとして接続できる場合があります。

FiiO BTR5 2021 レビュー

FiiO BTR5 2021 音質

スマートフォンはXiaomi Redmi Note 10 Pro、有線イヤホンはfinal E2000を使用して音質を検証しています。

コスパナンバーワンとの噂は本当か? Xiaomi Redmi Note 10 Pro 開封レビュー
コスパナンバーワンとも言われているXiaomiのRedmi Note 10 Proの開封を行います。
音が近く、ノリ良く音楽を楽しめる final E2000 レビュー
今回は、final E2000のレビューをしました。全体的に近くで音が鳴っている印象で、ノリ良く音楽を楽しめると思います。

スマートフォンに直挿ししたときとUSB-DACとして使用したときとの違い

スマートフォンに直挿ししたときとBTR5 2021をUSB-DACとして使用したときとの違いですが、驚くほど音質が変わったという感じはありませんでした。

しかし、音の分離感が増して、直挿ししたときは聴こえなかった音が聴こえるようになった感じがしました。

USB-DACとLDACとの違い

BTR5 2021をUSB-DACとして使用して有線接続したときと、BluetoothレシーバーとしてLDACで無線接続したときの音質を比較しましたが、ここにも大きな違いは感じませんでした。

LDACもハイレゾ音源を伝送できるコーデックなので、非常に高音質に感じました。

FiiO BTR5 2021の良い点

LDACを含むマルチポイントに対応

BTR5 2021は2台のデバイスと同時にペアリングできるマルチポイントに対応しています。

私が所有している完全ワイヤレスイヤホンのTechnics EAH-AZ60とJabra Elite 85tもマルチポイントに対応しています。

長期間使ってきてどう思ったか Technics EAH-AZ60 約1か月使用レビュー
Technics EAH-AZ60の約1か月使用レビューをしました。1か月間使ってきても、装着感、機能性は非常に良いですし、音質もうまく調整できればかなり良いと思います。
2台のデバイス間を自在に切り替え Jabra Elite 85t レビュー
AirPodsシリーズのような複数台接続機能をもつ、Jabra Elite 85tを紹介します。2台までですが、OSによらず、同時接続することができます。

しかし、LDACで接続する場合、マルチポイント機能を利用することができません。

(2022年3月2日追記)

ファームウェアアップデートにより、EAH-AZ60はLDAC接続時でもマルチポイントを使用することができるようになりました。

ファームウェアアップデートの方法については以下の記事を参考にしてください。

Technics EAH-AZ60がLDACでのマルチポイントに対応 ファームウェアアップデートの方法を解説
Technics EAH-AZ60のファームウェアアップデートの方法の解説とファームウェアアップデート後の変化を紹介しました。さらにEAH-AZ60が使いやすくなる、非常に良いファームウェアアップデートだと感じました。
btr5-2021-malti-point-ldac

ですが、BTR5 2021はLDACを含むマルチポイントに対応しています。

非常に小さい

fiio-btr5-2021-iphone-se2

iPhone SE第2世代と比較しても、非常に小さいです。

そのため、持ち運んで使用しても全く邪魔になりません。

しかし、中身が詰まったような重さがあり、この中に技術が詰まっているというような印象を受け、所有感があります。

ワイヤレス接続時にBTR5 2021のみで多くの操作が可能

ワイヤレス接続時はBTR5 2021のみで多くの操作が可能です。

画像の真ん中のボタンで再生・停止ができます。

画像の左側の音量ボタンを上下することで、スマートフォンとは別に60段階の音量調節を行うことができます。

さらに、音量ボタン上を長押しで前の曲、下を長押しで次の曲に移ることができます。

FiiO BTR5 2021の気になる点

ノイズキャンセリング、外音取り込み機能はない

ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能は搭載されていません。

その点では完全ワイヤレスイヤホンの方が優秀な面があります。

割り込みペアリングは不可

BTR5 2021がすでに2台のデバイスとペアリングしている状態で、3台目のデバイスのBluetooth設定から割り込んでペアリングすることは、Technics EAH-AZ60ではできますが、BTR5 2021ではできません。

しかし、画像真ん中のボタンを長押しすることでペアリングモードになり、その状態からペアリングすることができるので、手間は少ないです。

LDAC接続時、USB-DACとして使用時はイコライザーを変更できない

BTR5 2021はFiiO Controlというアプリで操作内容のカスタマイズなどを行うことができます。

fiio-control-equalizer

イコライザーも変更することができますが、LDAC接続時とUSB-DACとして使用時はイコライザーを変更できません。

まとめ

今回は、FiiO BTR5 2021のレビューをしました。

LDACで接続しながらマルチポイント接続でき、Bluetoothレシーバーとして優秀です。

そのうえ、USB-DACとして有線で高音質の音楽を聴くこともできます。

万能で使いやすい端末だと思うので、使ってみてはいかがでしょうか。

フィーオ
¥21,650 (2022/11/25 02:19時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天BLACK FRIDAYセール!/
楽天市場
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました