実はハイレゾ音源をそのままの高音質で聴けていない? FiiO BTR5 2021でわかったこと

xiaomi-redmi-note-10-pro-fiio-btr5-2021 オーディオ

こんにちは、isukoです。

前回、FiiO BTR5 2021をレビューしました。

有線イヤホンを無線化できるBluetoothレシーバー FiiO BTR5 2021 レビュー
FiiO BTR5 2021のレビューをしました。万能で使いやすい端末だと思うので、使ってみてはいかがでしょうか。

その中で書きましたが、BTR5 2021をUSB-DACとして接続したとき、音源のサンプリング周波数(音源をどれだけ詳しく分析するか)がディスプレイに表示されます。

この表示を確認すると、意外な結果になりました。

今回は、FiiO BTR5 2021でわかったことについて紹介します。

FiiO BTR5 2021でわかったこと

Xiaomi Redmi Note 10 Proは24bit/48kHzまでしか対応していない

xiaomi-redmi-note-10-pro-amazon-music-hd-hd

Amazon Music HDで24bit/96kHzのUltra HDの音源を再生したところ、アプリ上ではXiaomi Redmi Note 10 Proはヘッドホン出力まで24bit/96kHzで出力されていると表示されています。

xiaomi-redmi-note-10-pro-fiio-btr5-2021

しかし、BTR5 2021のディスプレイには「48K」もしくは「44.1K」と表示されます。

この表示はおそらくそれぞれ24bit/48kHz、16bit/44.1kHzを表していると思われます。

多くのAndroid端末はSRCでダウンサンプリングされる

FiiOサポートへの問い合わせで得た回答で私自身初めて知ったことですが、多くのAndroid端末は、SRC(サンプリングレートコンバーター)を経由して16bit/44.1kHzまたは24bit/48kHzにダウンサンプリングされることがあるようです。

そのため、多くのAndroid端末ではAmazon Music HDのUltra HDの音源をそのままの音質で再生することができていない可能性があります。

そして、有線でこのような状態なので、SONYのLDACについての説明で24bit/96kHzに対応しているというLDACでの無線通信でも24bit/48kHz等にダウンサンプリングされている可能性が高そうです。

24bit/48kHzはハイレゾ音質

日本オーディオ協会によると、24bit/44.1kHzや24bit/48kHzはハイレゾと考えているようなので、Redmi Note 10 Proはハイレゾ音質で再生できているということになります。

しかし、実際の音質ではない可能性があるというのは残念に感じます。

iPadはBTR5 2021接続時24bit/96kHzの出力に対応

ipad-mini-6-fiio-btr5-2021

一方、私の手持ちの12.9インチiPad Pro(2018年モデル)とiPad mini 6にBTR5 2021を接続し、Redmi Note 10 Proと同じくAmazon Music HDで24bit/96kHzのUltra HDの音源を再生したところ、BTR5 2021のディスプレイには「192K」と表示されます。

24bit/96kHzより高いサンプリングレートが表示されているので、音源のそのままのサンプリングレートで再生されていることが確認できました。

ただし、iPadのスピーカーで再生しようとすると、24bit/48kHzとダウンサンプリングされていました。

まとめ

今回は、FiiO BTR5 2021でわかったことについて紹介しました。

USB-DACを使用すればどんなデバイスでも高音質に音楽を聴くことができると思っていたのですが、実際には多くの制約があるようです。

BTR5 2021をUSB-DACとして使用する場合、iPadではダウンサンプリングされることなく音源が再生されていそうです。

しかし、BTR5 2021をBluetoothレシーバーとして使用する場合、iPadはAACまでしか対応していないため、無線では高音質で音楽を聴くことができません。

そうなると、LDACに対応しているAndroid端末ということになりますが、多くのAndroid端末は16bit/44.1kHzか24bit/48kHzにダウンサンプリングされるということで、有線無線の両方で高音質で音楽を聴くことのできる端末はなかなか無いようです。

フィーオ
¥19,500 (2022/08/08 14:09時点 | Amazon調べ)

(2022年6月24日追記)

XperiaはSRC回避ができることがよく知られていますが、OPPOのReno5 AでもSRC回避ができているようです。

真にハイレゾに対応したスマートフォン ドコモ版 SONY Xperia 1 II SO-51A レビュー
ドコモ版 SONY Xperia 1 II SO-51Aをレビューしました。ハイレゾ音源をそのまま再生することができるのは非常によかったです。
ハイレゾ音源をそのままの高音質で聴ける!? OPPO Reno5 A 開封レビュー
OPPO Reno5 Aの開封レビューをしました。SRCを回避してハイレゾ音源をそのままの高音質で聴くことができるのはSONYのXperiaだけだと思っていましたが、OPPOのスマートフォンも可能性がありそうです。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました