軽い装着感ながら安定感がある HUAWEI FreeBuds SE レビュー

huawei-freebuds-se オーディオ

こんにちは、isukoです。

2022年7月28日にHUAWEIから2つの完全ワイヤレスイヤホンが発売しました。

この度、HUAWEIからこの2つの完全ワイヤレスイヤホンを貸し出しいただきました。

今回は、安価なモデルのHUAWEI FreeBuds SEをレビューします。

この記事はファーウェイ・ジャパンの提供でお送りします。

HUAWEI FreeBuds SE 開封

huawei-freebuds-se-package-front

パッケージ表面にはイヤホン本体の画像が大きく印刷されています。

huawei-freebuds-se-package-back

パッケージ裏面には製品説明が書かれています。

huawei-freebuds-se-unpackaged

パッケージを開封すると、充電ケースと付属品が入っています。

huawei-freebuds-se-accessories

付属品はイヤーピース(Mサイズはイヤホンに装着済み)とUSB-A to Cケーブル、クイックスタートガイドが入っています。

イヤーピースは楕円形になっています。

huawei-freebuds-se-charging-case-front

充電ケースは光沢感がある素材になっています。

カラーも明るく、ポップな印象です。

huawei-freebuds-se-charging-case-bottom

充電ケースの底面には認証などの表示があります。

また充電ケースの背面にはUSB-Cポートがあります。

huawei-freebuds-se-openned

充電ケースを開けると、イヤホン本体が横向きになって入っています。

また、充電ケース内部にはペアリング用のボタンがあります。

huawei-freebuds-se

イヤホン本体も光沢感があります。

huawei-freebuds-se-weight

イヤホンの重さは片耳で5.0gです。

huawei-freebuds-se-with-charging-case-weight

充電ケースを含めての重さは45.4gです。

HUAWEI FreeBuds SE レビュー

装着感

装着感は非常に軽いです。

セミオープンのカナル型という特殊な形状で、耳の奥まで入れなくて良いです。

しかし首を振っても落ちそうにない程度に安定感があります。

音質

まず感じたのは非常に低音が重いということです。

低音が非常に響く感じなので、低音が好きな人には良いと思います。

しかし、そのぶん他の音域は低音に埋もれてしまっている印象です。

また、音数が多くなると、ごちゃごちゃした感じがしました。

物足りない音域があるわけではありませんが、低音が強すぎるという印象です。

良い点

着脱センサー内蔵

HUAWEI FreeBuds SEは着脱センサーを内蔵しており、イヤホンを外すと音声が自動で停止し、イヤホンを付けなおすと音声が自動で再生されます。

自分で操作をする必要はないのは楽です。

気になる点

イヤホンでの操作はほとんどできない

huawei-freebuds-se-gesture

イヤホンではダブルタップでの操作しかできません。

ほとんどの操作はスマートフォンで行う必要があるので、手軽ではありません。

イコライザーの設定はできない

huawei-freebuds-se-application

HUAWEI FreeBuds SEはイコライザーの設定はできません。

低音が非常に強いので調整したいのですが、イコライザーの設定はできないので、基本的にそのままの音質で聴くしかありません。

充電ケースに出し入れしにくい

huawei-freebuds-se-openned

充電ケースでイヤホンは横向きで収納されます。

これにより、出し入れするときにひと手間あり、面倒だと感じました。

Androidでのアプリのセキュリティが不安

huawei-ai-life-security

HUAWEI FreeBuds SEは「AI Life」アプリに対応していますが、Google Playストアで販売されているものはバージョンが古いです。

新しいバージョンにするためにはGoogle Playストア以外で入手したapkファイルからインストールする必要があるため、セキュリティ的に不安です。

まとめ

今回は、HUAWEI FreeBuds SEをレビューしました。

装着感は軽いながら、安定感があります。

どの音域も不足なく音が出ていますが、低音が非常に強いのが残念に感じました。

アプリでカスタマイズできることがほとんどないため、そのままの音質や操作感が合う人は購入しても良いと思います。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました