定番イヤーピースの実力は? final Eタイプ BLACK レビュー

final-type-e-black-technics-eah-az60 オーディオ

こんにちは、isukoです。

先日、Technics EAH-AZ60の約1か月使用レビューをしました。

長期間使ってきてどう思ったか Technics EAH-AZ60 約1か月使用レビュー
Technics EAH-AZ60の約1か月使用レビューをしました。1か月間使ってきても、装着感、機能性は非常に良いですし、音質もうまく調整できればかなり良いと思います。

その中で、ボーカルが遠く感じるという話をしました。

Technicsのアプリにはイコライザー機能があるため、イコライザーを調整すればある程度改善しますが、音質の劣化がありそうだと感じています。

そこで、イヤーピースを変更することで音質の改善をはかることにしました。

人気の高いイヤーピースをいくつか購入しましたが、今回は、finalのEタイプ BLACKをレビューします。

final Eタイプ BLACK 開封

final-type-e-black-package-front

今回は全サイズがセットになったものを購入しました。

パッケージは中身が見えるタイプになっています。

final-type-e-black-package-back

パッケージの紙にはイヤーピースの特徴などが書かれています。

final-type-e-case-open
final-type-e-case-close

パッケージを開封すると、finalのロゴ入りのケースに入ったイヤーピースが入っています。

また、軸が細いタイプのイヤホンにも装着できるようにアダプターも付属しています。

final Eタイプ BLACK レビュー

final-type-e-black-technics-eah-az60

Technics EAH-AZ60に装着した場合のレビューを行なっています。

イヤホンの種類やサイズによって音質が異なる場合があるので、ご注意ください。

final Eタイプ BLACK 装着感

純正イヤーピースはMサイズがフィットしていましたが、final EタイプはLサイズがフィットしました。

傘が柔らかいためか、密閉感も悪くありません。

final Eタイプ BLACK 音質

イヤーピースの穴の部分が小さいためか、全体のアタック感が増した感じがしました。

しかし、刺激が強いということはありませんでした。

また、引っ込み気味だったボーカルが前に出てきている感じがしました。

final Eタイプの良い点

ALLサイズセットで販売されている

final Eタイプは全てのサイズがセットで販売されています。

私の場合もMサイズでいいだろうと思っていましたが、実際はLサイズがフィットしたので、最初から全サイズを試せるのは良いと思います。

アダプター付き

final Eタイプには軸が細いイヤホンでも装着できるようにアダプターが付属しています。

私は今のところ必要ありませんが、付属してくれているのはありがたいです。

finalロゴ入りケース付き

final Eタイプはfinalのロゴ入りケースが付いてきます。

価格は1,000円前後とそれほど高くない中で、ケースが付属しているのはうれしいです。

ただし、ケースにはイヤーピースを固定するための軸がついていますが、その軸が細いので、他者製のイヤーピースは固定できません。

汚れが入りにくい

イヤーピースの穴の部分が小さいため、汚れはかなり入りにくいと思います。

手入れもしやすいと思います。

final Eタイプの気になる点

イヤホンを耳から外すときに傘の部分が耳に引っかかる

傘の部分が柔らかいからか、傘の部分が耳に引っかかります。

それほど強い反動にはなりませんが、イヤホンを耳から外すときに落としてしまうリスクになるかもしれません。

イヤホンに装着しにくい

イヤーピースの軸の部分が硬いため、イヤーピースを装着するのに時間がかかりました。

頻繁に付け替えをすることはないと思いますが、注意が必要です。

イヤホンから外れやすいかも

イヤホンから外すとき、軸の部分が硬いため、外しやすいと感じました。

そのため、イヤホンを耳から外したときにイヤホンから外れやすいかもしれません。

まとめ

今回は、final Eタイプ BLACKのレビューをしました。

アタック感が増した印象でボーカルが聴きやすくなり、さすが定番といった感じがしました。

全サイズがセットで販売されているので、イヤーピースを試してみたいという人は購入してみてはいかがでしょうか。

(2022年4月25日追記)

final Eタイプ BLACKの在庫がないという人は、finalの有線イヤホンを購入すると全サイズ付属してきますので、検討してみてはいかがでしょうか。

E1000から買い換える価値はある? final E1000、E2000、E3000を比較レビュー
今回は、final E1000、E2000、E3000の比較レビューをしました。final E1000、E2000、E3000は同じ形状ながら、性格が大きく異なるので、全て購入しても音質の違いを楽しめると思います。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました