コンパクトですぐにじんわり暖かい アイリスオーヤマ デスクパネルヒーター PH-TSA-H レビュー

iris-ohyama-ph-tsa-h その他ガジェット

こんにちは、isukoです。

私はこれまでデスク横に電気ヒーターを使用してきました。

しかし、デスクの横に置いているため、足を暖めようとしてヒーターに足を向けると、姿勢が悪くなってしまいます。

そんな中、デスク下に置けて安全に使用できるパネルヒーターに目をつけました。

ヒーターなどの家電で無名のメーカーの商品は怖いので、有名メーカーのもので安いものを調べました。

その結果、アイリスオーヤマのデスクパネルヒーターがお手頃だと判断し、購入しました。

今回は、アイリスオーヤマのデスクパネルヒーター PH-TSA-Hのレビューをします。

アイリスオーヤマ デスクパネルヒーター PH-TSA-H 開封

iris-ohyama-ph-tsa-h-package-front

パッケージは本体をビニール袋に入れただけといった感じです。

iris-ohyama-ph-tsa-h-package-back

パッケージ裏面には説明書などが入っていることがわかります。

iris-ohyama-ph-tsa-h

本体を広げてみると、上の画像のような感じになります。

安定感があるのか心配でしたが、ぐらつくこともなく、非常に安定しています。

iris-ohyama-ph-tsa-h-power

暖かさは弱(約40℃)〜強(約55℃)の間で無段階に調整することができます。

アイリスオーヤマ デスクパネルヒーター PH-TSA-H レビュー

アイリスオーヤマ デスクパネルヒーター PH-TSA-Hの良い点

すぐに暖かくなる

電源をオンにすると、すぐにじんわりと暖かさを感じます。

これまでの電気ヒーターのようにものすごく暖かいということはありませんが、寒さを感じない程度には暖かくなります。

軽くてコンパクト

iris-ohyama-ph-tsa-h-package-front

重量はメーカー公称値で約1.7kgで、軽いです。

また、折りたたんだときのサイズは約45cm×約48cmで、厚さもあまりなく、非常にコンパクトです。

電気代がお得

電気代はメーカー公称値で1時間あたり約4.3円です。

コタツが約16.2円なので、一人で使用するときはデスクパネルヒーターの方がお得です。

自動切タイマー搭載

6時間の自動切タイマーが搭載されています。

デスクパネルヒーターはデスクの下に置くという性質上、消し忘れることが多いので、この機能は必須だと思います。

安心・安全設計

温度が異常に上がると、電源が切れる温度ヒューズ機能も搭載しているので、安心して使用することができます。

アイリスオーヤマ デスクパネルヒーター PH-TSA-Hの気になる点

コードが短い

電源コードは公称値で約1.5mです。

デスクパネルヒーターの上下を逆にして使用しないように書かれているので、電源が左側にある必要があります。

電源が右側にある場合は延長コードなどを使用する必要があり、面倒です。

音が鳴らない

ブザーなどが搭載されていないため、電源をオンにしても、自動で電源がオフになっても音が鳴りません。

それほど熱くはなりなせんし、安全機能もついているので大丈夫だとは思いますが、使用中に自動で電源がオフになって気づかないと、足が冷えてしまうかもしれません。

まとめ

今回は、アイリスオーヤマのデスクパネルヒーター PH-TSA-Hをレビューしました。

すぐにじんわりと暖かくなりますし、何より非常にコンパクトなので、使い勝手がいいと思います。

デスク作業で足元が冷えるという人は試してみてはいかがでしょうか。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥11,856 (2022/08/05 03:20時点 | Amazon調べ)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました