私がHHKBを手放すことを決めた理由 | 繊細ガジェットレビュー
当サイトはプロモーションが含まれています

私がHHKBを手放すことを決めた理由

pfu-hhkb-professional-hybrid-type-s-snow キーボード

こんにちは、isukoです。

私はHHKB Professional HYBRID Type-S 雪 日本語配列のモデルを購入し、使用していました。

小さな筐体に使いやすさが凝縮 PFU HHKB Professional HYBRID Type-S レビュー
PFU HHKB Professional HYBRID Type-Sをレビューしました。手の届く範囲で様々な操作を行うことができ、打鍵感も良いです。

打鍵感が良く、静音で気に入っているのですが、手放すことを決めました。

今回は、私がHHKBを手放すことを決めた理由を紹介します。

私がHHKBを手放すことを決めた理由

私はノートパソコンを持ち運んで作業することも多いです。

ノートパソコンのキーボードはキーストロークが浅く、HHKBはキーストロークが深いです。

つまりキーの入力の方法が異なります。

そうなるとHHKBからノートパソコンのキーボードに移ると慣れるまでに時間がかかり、入力が遅くなります。

その逆も同じで、作業効率が悪くなっていると感じました。

HHKB Professional HYBRID Type-Sは小型なので持ち運ぶことも可能ですが、持ち運ぶものはできるだけ少なくしたいと思ってしまいました。

まとめ

今回は、私がHHKBを手放すことを決めた理由を紹介しました。

HHKBは良いキーボードですが、パソコンを同じ場所で使ったり、HHKBを持ち運ぶのが苦ではないという人向けだと感じました。

ノートパソコンのキーボードを使う機会があるのであれば、作業効率を維持するためにキーストロークの浅いキーボードを選ぶのが良いと思います。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました