やや期待外れか? Google Pixel Watch 開封&ファーストインプレッション

google-pixel-watch-eyecatch スマートウォッチ

こんにちは、isukoです。

GoogleからPixel Watchが発表され、2022年10月13日に発売しました。

Googleにとって初めてのスマートウォッチということもあり、興味を持っているという人も多いのではないでしょうか。

私も以前から気になっており、予約して発売日に入手することができました。

今回は、Google Pixel Watchの開封とファーストインプレッションを紹介します。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

Google Pixel Watch 開封

google-pixel-watch-package-front

パッケージ表面にはPixel Watch本体の画像が大きく印刷されています。

また、右下にはfitbitとともに開発されたことが書かれています。

google-pixel-watch-package-back

パッケージ裏面には同梱品の説明などが書かれています。

パッケージは画像の矢印の書かれている部分をはがすことで開封することができます。

google-pixel-watch-unpackaged

商品を開封すると、いきなりPixel Watch本体が現れます。

高級感があるという感じではないですが、かわいいデザインだと感じました。

google-pixel-watch-accessories-1

Pixel Watchが巻かれていたものの中には付属品が入っています。

google-pixel-watch-accessories-2

USB-Cの充電ケーブルと細い手の人用のバンドが同梱品として入っています。

google-pixel-watch-documents

また、パッケージの底には書類が入っています。

google-pixel-watch

Pixel Watchは画面はそれほど大きくなく、バンドもやや細めです。

ガラスにはドーム状の湾曲したガラスが採用されています。

google-pixel-watch-right-side

Pixel Watchの右側面にはリューズとボタン、マイク穴があります。

リューズはApple Watchのデジタルクラウンのようなもので、これを回したり、押したりして操作をすることができます。

google-pixel-watch-left-side

Pixel Watchの左側面にはスピーカー穴があります。

Pixel Watchのセンサー部分は非常に光沢感があります。

google-pixel-watch-weight

重さは62.5gと、軽いという感じではありません。

Google Pixel Watch 初期設定

まず、リューズ(Apple Watchのデジタルクラウンにあたる部分)を長押ししてPixel Watchを起動します。

google-pixel-watch-turn-on
google-pixel-watch-setting

Pixel Watchが起動すると、スマートフォンを近づけるように指示があります。

google-pixel-watch-google-pixel-6a-1
google-pixel-watch-google-pixel-6a-2

スマートフォンを近づけると、セットアップを開始するために「Google Pixel Watch」アプリをインストールするように促されるので、インストールします。

google-pixel-watch-google-pixel-6a-3

インストールが終わるとスマートフォンとPixel Watchが接続し、設定に進みます。

設定は画面の通りに進めれば、それほど困ることはありません。

Google Pixel Watch ファーストインプレッション

良い点

ウォッチフェイスの情報の反映が早い

ウォッチフェイスで心拍数を表示できるようにしておくと、画面が点灯しているときはほぼリアルタイムで心拍数を確認することができます。

リアルタイム性が重要なデータの確認には非常に有利です。

画面の点灯が早い

手首をひねって画面を顔のほうに向けると、すぐに画面が点灯します。

この画面の点灯が遅かったり、反応しなかったりするとストレスになるので、その点は良いと思います。

画面の常時表示に対応

Pixel Watchは画面の常時表示に対応しています。

手首を大きく動かさなくても日付や時間を確認できるのは便利です。

気になる点

やや小さめ

google-pixel-watch

Pixel Watchは直径41cmとやや小さめです。

手首の細い人には合うと思いますが、それ以外の人には小さめに感じると思います。

ウォッチフェイスの情報量が多くない

google-pixel-watch-watch-face

Pixel Watchのウォッチフェイスは公式で18種類用意されていますが、そのどれも表示できる情報量が多くありません。

シンプルなデザインだけで良いという人なら合うかもしれませんが、情報量の多い文字盤を選択できないのはデメリットです。

Google独自の連携がない

google-pixel-watch-google-fit

Pixel WatchはGoogle製のアプリであるGoogle Fitに対応していません。

そのため、ヘルスケアデータの管理はすべてFitbitアプリで行う必要があります。

しかし、FitbitアプリのデータはGoogle Fitには同期されません

Google Fitに同期するにはサードパーティ製のアプリを使用する必要があるようで、面倒です。

FitbitはGoogle傘下になったので、FitbitアプリをGoogle Fitアプリに吸収するか、せめてFitbitアプリのデータをGoogle Fitに同期できるようにしてほしいと思います。

(追記)

再度Google Fitのアプリを開いてみると開くことができたので、FitbitとGoogle Fitのどちらにも歩数や心拍のデータの同期が可能そうです。

(さらに追記)

システムを最新にしてもGoogle Fitのアプリを開くことができないという人もいるようです。

Google Fitへの連携はまだ不安定のようです。

ドーム状のガラスが不安

Pixel WatchのガラスはCorning® Gorilla® Glass 5と、それほど強度が高くありません。

つまり、画面を保護するため、保護フィルムを貼る必要があります。

しかし、Pixel Watchはドーム状の湾曲したガラスを採用しています。

そのため保護フィルムが貼りにくく、貼ってもしわができたりする可能性があります。

フラットなガラスを採用してくれたほうが良いと思います。

まとめ

今回は、Google Pixel Watchの開封とファーストインプレッションを紹介しました。

まだ少し触った程度ですが、アプリの連携面で問題がありますし、機能的に物足りないという印象です。

数日使ってみて、詳しくレビューしたいと思います。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました