オーディオテクニカ ATH-TWX9 vs Technics EAH-AZ60 比較レビュー

audio-technica-ath-twx9-technics-eah-az60-with-charging-case オーディオ

こんにちは、isukoです。

完全ワイヤレスイヤホンは、音質で選んだり、機能性で選んだりと、人によって求めるものが変わってきます。

しかし、そのどちらも譲れないという人もいるのではないでしょうか。

今回は、音質と機能性に優れた完全ワイヤレスイヤホンの、オーディオテクニカ ATH-TWX9(以降、TWX9)とTechnics EAH-AZ60(以降、AZ60)の比較レビューをします。

オーディオテクニカ ATH-TWX9 vs Technics EAH-AZ60 比較レビュー

まず結論ですが、

  • イヤーピース表面を除菌してくれる機能に魅力を感じる
  • ワイヤレス充電がしたい
  • aptX Adaptiveで音声を聴きたい

という人はオーディオテクニカ ATH-TWX9、

  • 5台以上の端末の接続を気軽に切り替えたい
  • できるだけ長時間使用したい
  • LDACで音声を聴きたい

という人はTechnics EAH-AZ60を選択するのが良いのではないかと思います。

以下で細かく比較していきます。

デザイン

audio-technica-ath-twx9-technics-eah-az60-with-charging-case
audio-technica-ath-twx9-technics-eah-az60

デザインは大きく異なります。

TWX9はイヤホンはAirPods Proのような軸があるデザインですが、充電ケースはかなり特徴的なデザインをしています。

対して、AZ60は充電ケースは一般的な感じですが、イヤホン自体にはスピン加工が施されていたり、高級感のあるデザインになっています。

装着感

audio-technica-ath-twx9-technics-eah-az60

どちらもしっかりと装着でき、頭を振って外れてしまうということは少ないと思います。

また、イヤーピースを変更することで装着感が大きく変わります。

音質

付属のイヤーピースでは、TWX9は低音が強く、高音が弱い印象で、AZ60はボーカルが遠い印象でした。

しかし、イヤーピースやイコライザーを変更することで好みの音質にすることが可能です。

イヤーピースの互換性

どちらも充電ケースに余裕があるので、有線イヤホン用のイヤーピースも装着可能です。

しかし、TWX9は耳の奥まで入る形状をしているので、完全ワイヤレスイヤホン用のイヤーピースを使用するのが良いと思います。

AZ60に合うイヤーピースについては以下の記事を参考にしてください。

Technics EAH-AZ60にはどのイヤーピースが合うか?11個のイヤーピースで比較
Technics EAH-AZ60に合うイヤーピースを紹介しました。今使っているイヤホンの装着感や音で気になる部分がある人は、イヤホンを変える前にイヤーピースを変えてみてはいかがでしょうか。

ノイズキャンセル性能

ノイズキャンセル性能はAZ60のほうが少し高いと思います。

TWX9は人の声をあまり除去しきれていない印象です。

ただ、どちらも音声を再生してしまえば気になりません。

外音取り込み性能

外音取り込み性能はTWX9のほうが自然で、強いです。

AZ60は自分の声がこもっていますが、TWX89は自分の声も聞き取りやすいです。

ノイズキャンセルモードの切り替え

ノイズキャンセルモードの切り替えはAZ60の方が良いです。

TWX9はノイズキャンセリング、オフ、ヒアスルー(外音取り込み)の3つのモードを順番にしか切り替えられません。

また、モード切り替えにやや時間がかかり、モード切り替え中は音声が小さくなります。

一方、AZ60はすぐにモードが切り替わり、モードの切り替え中に音声が小さくなるということはありません。

3台以上の端末の接続切り替え

TWX9とAZ60はマルチポイント(2台同時接続)に対応していますが、3台以上の端末の接続切り替えも簡単です。

TWX9は専用アプリから接続する端末を切り替えることが可能です。

ただし、TWX9は4台までしか接続を切り替えることができません。

一方、AZ60は接続したい端末のBluetooth設定からAZ60を選択することでペアリングできる「割り込みペアリング」ができます。

こちらは5台以上の接続が可能です。

高音質コーデック

高音質コーデックとして、TWX9はaptX Adaptive、AZ60はLDACに対応しています。

LDACのほうが対応している端末は多いので、あまり端末を気にしなくて良いのはメリットです。

充電ケースから取り出してからの接続の早さ

充電ケースから取り出してから端末に接続するまでどちらも約10秒ほどかかりました。

どちらも起動音が鳴ってから端末に接続するため、接続まではそれほど早くありません。

充電ケースの掃除のしやすさ

audio-technica-ath-twx9-technics-eah-az60-charging-case

どちらも充電ケース内部はツルツルとしているため、掃除はしやすいです。

バッテリーの持ち

TWX9はイヤホン単体で最大約6.0時間、充電ケース併用時で最大約18.5時間使用できます。

一方、AZ60はイヤホン単体で約7.0時間、充電ケース併用時で最大約24時間使用できます。

できるだけ長く使用したいという人は、AZ60を選ぶのが良いです。

ワイヤレス充電

ワイヤレス充電はTWX9のみ対応しています。

充電ケースを充電台の上に置いておけば、充電ケースのバッテリーの残量を気にしなくて良いのはメリットです。

アプリの使い勝手

audio-technica-application-home
technics-application-home

どちらもアプリ内で

  • ノイズキャンセルモードの切り替え
  • イコライザーの設定
  • 低遅延モードの切り替え
  • 操作のカスタマイズ

などを行うことが可能です。

audio-technica-ath-twx9-connection-control

また、TWX9はさらに接続する端末を管理することが可能です。

ただし、4台までしか管理することができないので、注意が必要です。

technics-application-mode

一方、AZ60はイヤホンでノイズキャンセルのモードを切り替える際に、ノイズキャンセリング、オフ、アンビエント(外音取り込み)のうち切り替えを有効にする2つ以上を選択することができます。

イヤホンでの操作

audio-technica-ath-twx9-technics-eah-az60-with-charging-case

AZ60はタッチのみの操作ですが、TWX9はタッチ+軸の部分の物理ボタンでの操作に対応しています。

そのため、TWX9はイヤホン単体で多くの操作をすることが可能です。

ただし、TWX9は操作の割り当てがほとんど変更できません。

一方、AZ60はかなり自由に変更できます。

充電ケースへのしまいやすさ

TWX9のほうが磁力が強く、しっかりと収納することができます。

AZ60は磁力が弱めです。

audio-technica-ath-twx9-technics-eah-az60

また、TWX9は充電端子の部分が耳に当たらない部分にありますが、AZ60は耳に当たる部分にあります。

そのため、AZ60の充電端子には汚れがつきやすく、うまく充電ができないということもあります。

充電ケースの機能

TWX9の充電ケースは独自の形状をしていますが、独自の機能も搭載されています。

audio-technica-ath-twx9-charging-case-sanitization

TWX9はイヤホンを充電ケースに収納すると、ケースから深紫外線が照射され、イヤーピース表面が除菌されます。

耳の穴に挿入するものを清潔にしてくれるのは、非常に良い機能だと思います。

装着センサーの有無

audio-technica-ath-twx9-technics-eah-az60

TWX9は装着センサーを搭載していますが、AZ60は装着センサーを搭載していません。

そのためTWX9のみ、イヤホンを外したときに音声の再生が停止し、再び装着すると音声が再生されるようになります。

まとめ

今回は、オーディオテクニカ ATH-TWX9とTechnics EAH-AZ60の比較レビューをしました。

どちらも音質と機能性に優れた完全ワイヤレスイヤホンです。

どちらを選択すれば良いのかはかなり悩みますが、

  • イヤーピース表面を除菌してくれる機能に魅力を感じる
  • ワイヤレス充電がしたい
  • aptX Adaptiveで音声を聴きたい

という人はオーディオテクニカ ATH-TWX9、

  • 5台以上の端末の接続を気軽に切り替えたい
  • できるだけ長時間使用したい
  • LDACで音声を聴きたい

という人はTechnics EAH-AZ60を選択するのが良いのではないかと思います。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました