Apple Watchのサードパーティ製と純正のスポーツループの違い

sport-loop-length スマートウォッチ

こんにちは、isukoです。

以前、私がApple Watchの普段使いのバンドでスポーツループを使用しているという話をしました。

私がApple Watchで普段使いにスポーツループを使用する理由
私が普段使いにスポーツループを使用する理由を紹介しました。Apple Watchを落としにくく、自由な場所に装着できるのはスポーツループの利点だと思います。

私はこれまでサードパーティ製のスポーツループを使用してきましたが、純正のスポーツループを入手しました。

そこで今回は、サードパーティ製と純正のスポーツループの違いについて見ていきたいと思います。

Apple Watchのサードパーティ製と純正のスポーツループの違い

純正の方が細かい部分まで気が使われている

sport-loop-magic-tape

左がサードパーティ製、右が純正ですが、マジックテープの部分が純正の方が見た目が良くなっています。

sport-loop-connection

Apple Watchとの接続部分を見てみると、サードパーティ製は金属のようなものが剥き出しになっていますが、純正は隠されています。

また、純正の方は「40mm」という表示も書かれており、所有感があります。

純正の方が手触りがいい

sport-loop-texture

サードパーティ製は縫い目が不均一でザラザラとした手触りですが、純正は縫い目が均一で、フワフワとした手触りがあります。

Apple Watchはほぼ常に装着しているものなので、手触りは非常に重要だと思います。

サードパーティ製の方が長い

sport-loop-length

純正とサードパーティ製のスポーツループを並べてみると、サードパーティ製の方が長いです。

そのため、サードパーティ製の方が腕に通しやすいですし、より自由な場所に装着することができます。

サードパーティ製の方がマジックテープの初期状態の粘着力が強い

購入初期の状態で比較すると、サードパーティ製の方が粘着力が強く感じました。

しかし、その分生地を痛めてしまうのか、徐々に粘着が弱くなっていく印象を受けました。

純正についてはまだ使い込んでいないのでわかりませんが、粘着力も調整されているはずなので、粘着が弱くなるのも遅いのではないかと思います。

サードパーティ製の方がカラーバリエーションが豊富

記事公開日時点で、Apple Storeで販売されているスポーツループは9種類でした。

一方、私がサードパーティ製のスポーツループを購入した店舗では60種類ものバリエーションがあります。

これだけのバリエーションがあれば、自分の好きなカラーを見つけることができると思います。

サードパーティ製の方が安い

Apple Storeで販売されているスポーツループは5,280円(税込)で販売されています。

一方、私がサードパーティ製のスポーツループを購入した店舗では2本980円(税込)で販売されています。

カラーを変えて楽しみたいという人はサードパーティ製の方が向いていると思います。

まとめ

今回は、純正とサードパーティ製のスポーツループの違いについて見ていきました。

純正の方が素材がよく、作りがしっかりしているのは間違いないですが、サードパーティ製も価格を考えれば十分な性能だと思います。

まずはサードパーティ製のスポーツループから試してみてはいかがでしょうか。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天BLACK FRIDAYセール!/
楽天市場
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました