デザインが非常に美しい iPad mini 6 約2週間使用レビュー

ipad-mini-6-back-eyecatch タブレット

こんにちは、isukoです。

約2週間前、私のもとにiPad mini 6が届きました。

待ちに待った大進化モデル iPad mini 6 開封レビュー
iPad mini 6の開封レビューをしました。パープルというカラーが非常によく、軽くて使いやすそうな端末だと思いました。

それから毎日iPad mini 6を使用しています。

今回は、iPad mini 6を約2週間使用してのレビューをしていきます。

iPad mini 6 約2週間使用レビュー

iPad mini 6の良い点

デザインが非常に美しい

ipad-mini-6-back-eyecatch

iPad mini 6はiPad ProやiPad Airと同様、側面が角ばったデザインになりました。

また、私はパープルというカラーを選択しましたが、非常に良い色です。

画面がきれい

iPad mini 5にアンチグレアフィルムを貼っていたこともあるかもしれませんが、非常に画面が美しく感じます。

また、iPad mini 6からフルディスプレイになったことで、よりディスプレイに注目することができているのかもしれません。

開封記事でも書きましたが、ゼリースクロール現象は存在します。

しかし、私の場合、縦持ちで縦方向にスライドさせる機会が少ないので、気になる場面はほとんどありませんでした。

軽い

Wi-Fi + Cellularモデルでは、iPad mini 5は308.2gであるのに対し、iPad mini 6は297gと10g以上軽くなっています。

画面サイズの大きさの割に非常に軽く感じます。

音に迫力がある

iPad mini 6は横向きの状態でステレオスピーカーになります。

iPad mini 5は横向きでは一方方向からしか音が出ないため、迫力に欠けましたが、iPad mini 6は思ったよりも迫力を感じました。

もちろん、iPad Proが4スピーカーなのに対し、iPad mini 6は2スピーカーなので、iPad Proと比較すると迫力は落ちますが、それでも十分よい音に聞こえました。

手書き中にホームボタンを押して誤作動することがない

iPad mini 5では、手書き中にホームボタンを押して、ホームに戻ってしまうということが多くありました。

しかし、iPad mini 6はホームボタンがないため、ホームボタンを押して誤作動するということがなくなりました。

iPad mini 6の気になる点

多くのアプリが画面サイズに対応していない

ipad-mini-6-application-size

iPad mini 6の縦横比は特殊なようで、まだ全画面表示に対応していないアプリが多くあります。

そのため、現在のところ、iPad mini 6の画面の広さを十分に扱いきれていません。

今後のアプリ側のアップデートを期待します。

スクリーンショットが撮りにくい

物理ボタンでのスクリーンショットは、トップボタン(電源ボタン)と、ホームボタンもしくは音量の+ボタンを同時押しすることで撮ることができます。

今回のiPad mini 6はApple Pencil第2世代に対応する関係上、音量ボタンがトップボタン(電源ボタン)と同じ側面にあります。

他の端末とボタンの位置が異なることもあり、とっさにスクリーンショットを撮ることが難しいです。

まとめ

今回は、iPad mini 6の使用レビューをしました。

デザインが非常に美しく、いつでも使いたくなります。

ただ、縦横比が特殊で、アプリがiPad mini 6の画面の広さを十分に扱いきれていません。

ここが改善されれば、iPad mini 6はより便利な端末になると思います。

Apple(アップル)
¥89,800 (2022/08/07 11:49時点 | Amazon調べ)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました