かなり似ているがどうしている? Technics EAH-AZ60とJabra Elite 85tの使い分け

technics-eah-az60-jabra-elite-85t オーディオ

こんにちは、isukoです。

私は先日、TechnicsのEAH-AZ60を購入しました。

期待以上の装着感と機能性 Technics EAH-AZ60 開封&ファーストレビュー
TechnicsのEAH-AZ60の開封とファーストレビューをしました。耳の奥まで入れない装着感で、複数台の接続が非常に優秀で期待以上でした。

それ以前は、JabraのElite 85tを使用していました。

2台のデバイス間を自在に切り替え Jabra Elite 85t レビュー
AirPodsシリーズのような複数台接続機能をもつ、Jabra Elite 85tを紹介します。2台までですが、OSによらず、同時接続することができます。

この2つの比較記事も上げているので、どのような点が違うのか知りたいという人はこちらを参考にしてください。

Technics EAH-AZ60 vs Jabra Elite 85t 比較レビュー
Technics EAH-AZ60とJabra Elite 85tの比較レビューしました。音質重視の人はEAH-AZ60を、マルチポイント対応で自然な外音取り込み機能が欲しい人はElite 85tを選ぶのが良いのではないかと思います。

EAH-AZ60に完全に乗り換えを考えても良いのですが、Elite 85tの充電ケースは掃除がしにくく、内部に汚れがたまってしまっているため、売却するのは難しいと感じています。

そのため、私は現在EAH-AZ60とElite 85tを使い分けています。

今回は、Technics EAH-AZ60(以下、AZ60)とJabra Elite 85t(以下、85t)の使い分けについて紹介します。

Technics EAH-AZ60とJabra Elite 85tの使い分け

Technics EAH-AZ60を使う場面

集中して音楽を聴くとき

85tも聴きやすい音質で、良いと思います。

しかし、AZ60はLDACという、ワイヤレスながらハイレゾ音源を聴くことのできるBluetoothコーデックを採用しています。
そのため、楽器ごとの分離感があり、臨場感を感じることができます。

この点から、音楽を集中して聴きたいときはAZ60を使用しています。

長時間使用するとき

充電スピードの問題か、バッテリーの持ちはAZ60の方が良いです。

そのため、長時間使用するときはAZ60を使用することが多いです。

Jabra Elite 85tを使う場面

BGMとして音楽を聴くとき

AZ60は音質がクリアなので、聴き疲れするような印象を受けます。

一方、85tはフラットで聴き疲れしにくい音質という印象で、BGMとして音楽を聴くときは85tを使っています。

また、外音取り込み機能もAZ60より自然で、BGMを聴きながら周りの音を聞くこともできます。

集中して作業するとき

どちらもノイズキャンセリング機能が搭載されていますが、85tのほうが性能が高いと思います。

そのため、集中して作業するときは85tを使っています。

2台のデバイスを頻繁に切り替えて使うとき

どちらもマルチポイントという、2台のデバイスを同時に接続することのできる機能があります。

しかし、AZ60は接続先デバイスの切り替え時に一瞬音が途切れるような感じがあり、少しストレスになります。

85tでは接続先デバイスの切り替え時も音が途切れるということはないため、2台のデバイスを頻繁に切り替えて使うときは85tを使っています。

(2022年3月2日追記)

ファームウェアアップデートにより、EAH-AZ60はLDAC接続時でもマルチポイントを使用することができるようになりました。

ファームウェアアップデートの方法については以下の記事を参考にしてください。

Technics EAH-AZ60がLDACでのマルチポイントに対応 ファームウェアアップデートの方法を解説
Technics EAH-AZ60のファームウェアアップデートの方法の解説とファームウェアアップデート後の変化を紹介しました。さらにEAH-AZ60が使いやすくなる、非常に良いファームウェアアップデートだと感じました。

まとめ

今回は、Technics EAH-AZ60とJabra Elite 85tの使い分けについて紹介しました。

こうして見るとElite 85tの方が良いのではないかと思う人もいるのではないかと思います。
しかし、EAH-AZ60はLDAC接続時、マルチポイント接続が使用できません。
設定を切り替えるのがやや面倒なので、結果的に普段使いにはElite 85tを使っていることが多いのだと思います。

今回紹介した2つのイヤホンは、搭載されている機能はかなり似ているので、どちらを使っても満足できると思います。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました