私がマウスではなくMagic Trackpad 2を使う3つの理由

magic-trackpad-2 マウス

こんにちは、isukoです。

みなさんは、パソコンのカーソル操作に何を使用していますでしょうか。
多くの方はマウスを使用していると思います。

そんな中、私はMagic Trackpad 2を使用しています。
しかも、Macから一度Windowsに移ったときもMagic Trackpad 2を使用していました。
(WindowsでMagic Trackpad 2を使う方法に関しては、機会があれば紹介します)

現在はまたMacに移り、Magic Trackpad 2を使用しています。

今回は、私がマウスではなく、Magic Trackpad 2を使用している理由を3つ紹介します。

私がMagic Trackpad 2を使う理由

静音

これが最も大きな理由です。

多機能なマウスといえば、例えばLogicoolのMX Masterシリーズがあります。
私はキーボードはLogicoolのものを使用しているので、連携などを考えるとLogicoolに揃えたい気持ちはあります。

しかし、MX Masterシリーズには現状静音モデルがありません。

対して、Magic Trackpadはタップやスワイプで操作することができ、その際は無音で使用できます。
私の場合、誤タップが怖いので、クリックで使用していますが、もともとそれほど大きな音ではありません。
さらに、Mac側の設定で「サイレントクリック」を有効化することで、全く気にならなくなります。

多機能

Magic Trackpadは、板状の見た目でありながら、使用する指の数で多くのアクションを行うことができます。

例えば、

・1本指タップ(クリック):左クリック
・2本指タップ(クリック):右クリック
・2本指でピンチイン / アウト:拡大 / 縮小
・3本指でスワイプ:ドラッグ
・4本指で左右にスワイプ:仮想ディスプレイの移動

などの操作が行えます。

最初はなかなか慣れませんが、慣れると非常に快適に操作を行うことができます。

省スペース

マウスの場合、快適に操作するためには、マウスを動かすための広いスペースが必要です。

しかし、Magic Trackpad 2の場合、トラックパッドは置いたまま、指だけを動かして操作することになるので、トラックパッドを置くスペースだけあれば問題ありません。

Magic Trackpadの気になる点

ここまで私がMagic Trackpad 2を使う3つの理由を紹介してきましたが、もちろん気になる点が全くない訳ではありません。

今回は、Magic Trackpad 2の気になる点を3つ紹介します。

充電端子がLightning

残念ながら、充電端子はLightningです。

iPhoneは無線充電が行え、iPadは徐々にUSB Type-C端子が採用されていっている中で、Magic Trackpad 2のためだけにLightningの充電ケーブルを持っておく必要があります。

Magic Trackpad 3ではUSB Type-Cや無線の充電パットの採用などを期待したいですね。

細かい操作は苦手

例えば、画像をトリミングしたいときに、1ピクセル単位など、厳密に位置を決めたい場合、Magic Trackpad 2では、わずかに指を動かすだけで大きく動いてしまったり、逆に全く動かないということがあります。
これは、マウスは手全体で支えて操作するのに対し、Magic Trackpadは指だけで操作するため、指の位置が安定せず、結果的に操作が安定しないためだと思います。

そのため、細かい操作が必要な場合は、マウスを使った方が良いと思います。

Magic Trackpad 3では、操作の内容によってトラックパッドの感度を変更できるような機能を期待したいですね。

高価

Magic Trackpad 2はスペースグレイが15,800円(税込)、シルバーが13,800円(税込)(記事公開時点)と、非常に高価です。

この金額であれば、MX Masterシリーズを購入することが可能なので、どちらが良いかはしっかり検討する必要があります。

まとめ

今回は、私がマウスではなくMagic Trackpad 2を使う3つの理由と、Magic Trackpad 2の気になる点について紹介しました。

静音、多機能、省スペースで、購入する価値は十分にあると思います。

ただ、価格はMX Masterシリーズと同等で、機能的にはMX Masterシリーズは同等以上のことができるので、静音のMX Masterシリーズが発売されれば、購入してレビューしたいと思います。

Apple(アップル)
¥15,070 (2022/08/08 03:27時点 | Amazon調べ)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました