MacユーザーがiPadを買い直してみて期待外れだったこと | 繊細ガジェットレビュー
PR

MacユーザーがiPadを買い直してみて期待外れだったこと

ipad-pro-11-3 タブレット

こんにちは、isukoです。

私は現在MacBookを使用しています。

MacBookはキーボードのぶんスペースをとるので、iPadがある程度MacBookの代わりとして使用でき、Macと連携してより便利に使用できるようになることに期待し、購入しました。

しかし私には物足りない点が多く、iPadである必要がないのではないかと感じました。

今回は、MacユーザーがiPadを買い直してみて期待外れだったことを紹介します。

Apple(アップル)
¥124,800 (2024/05/22 12:51時点 | Amazon調べ)

MacユーザーがiPadを買い直してみて期待外れだったこと

アプリがMac版より使いにくい

私が使うアプリではMac版より使いにくいことが多かったです。

例えばChromeのようなブラウザは、Mac版では拡張機能を利用することができます。

しかしiPad版のChromeは拡張機能を拡張機能を利用することができません。

私は拡張機能をかなり活用しているので、iPad版ではかなり我慢を強いられます。

また私はNotionで日記を書いているのですが、行動を時間軸で管理するためにタイムラインビューを活用しています。

Mac版ではそれぞれの行動の長さをドラッグで変更することができます。

しかしiPad版ではそれぞれの行動のページを開き、時間のパラメータを調整する必要があります。

直感的に簡単に操作ができるという点で、Mac版のNotionを利用することが多いです。

無線ではSideCarが不安定なことが多い

iPadにはMacのサブディスプレイとして利用することのできるSideCarという機能があります。

SideCarは無線で利用できるため、持ち運ぶ物を減らすことができることを期待していました。

しかしSideCarはワイヤレスでは不安定なことが多かったです。

有線で接続することで安定させることができますが、そうするとMacBookからiPadに充電されてしまうため、MacBookのバッテリー持ちが悪くなります。

モバイルモニターではそこまで極端にバッテリーが消耗する印象はなかったのですが、SideCarを利用しながらだとかなりバッテリーを消耗してしまいます。

インタラクティブウィジェットはAndroidで実装済み

iPadOS 17でホーム画面のウィジェットを直接操作できるようになりました。

例えばタスク管理アプリであれば、ウィジェットでタスクの完了をすることができるようになりました。

しかしAndroidではそのような機能はすでに実装されています。

実はAndroidでも同じことができるかもしれません。

まとめ

今回は、MacユーザーがiPadを買い直してみて期待外れだったことを紹介しました。

iPadはMacに寄せたアップデートも行われていますが、現状Macの代わりにはなりませんし、Androidタブレットとの機能的な違いも大きくないと感じました。

またスペックが高いため、なんとか活用しようとしてしまうのも問題があると思います。

私の場合カレンダーやタスクを表示するためや、電子書籍を読むためなどにタブレットを使用するので、あまりスペックは高くなくて良いのではないかと思いました。

スマートフォンより画面が大きく、パソコンより手軽に持ち運べるということで、タブレットは良い立ち位置だと思いますが、必要に応じて製品を選択するのが良いと思います。

Apple(アップル)
¥124,800 (2024/05/22 12:51時点 | Amazon調べ)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました