テクニクス EAH-AZ80 vs EAH-AZ60M2 徹底比較 | 繊細ガジェットレビュー
PR

テクニクス EAH-AZ80 vs EAH-AZ60M2 徹底比較

technics-eah-az80-eah-az60m2-charging-case-opened-with-earbuds ガジェット

こんにちは、isukoです。

先日テクニクス EAH-AZ80とEAH-AZ60M2をレビューしました。

機能性は素晴らしいが人を選ぶかも テクニクス EAH-AZ80 レビュー
テクニクス EAH-AZ80をレビューしました。EAH-AZ60M2と同様機能性は高いですが、イヤホンの形状が大きく変わったことにより装着感が合わないと感じる人も多いかもしれないと感じました。
死角なしの高性能完全ワイヤレスイヤホン テクニクス EAH-AZ60M2 レビュー
テクニクス EAH-AZ60M2をレビューしました。欠点らしい欠点が見当たらず、非常に高性能な完全ワイヤレスイヤホンだと思いました。

どちらも3台同時接続に対応しており、カスタマイズ性も高く、非常に使いやすいです。

しかしそうなるとどちらが良いのかわからないという人が多いのではないかと思います。

今回は、テクニクス EAH-AZ80(以降、AZ80)とEAH-AZ60M2(AZ60M2)を徹底比較します。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

テクニクス EAH-AZ80 vs EAH-AZ60M2 徹底比較

デザイン

technics-eah-az80-eah-az60m2-charging-case
左:AZ80、右:AZ60M2

まず充電ケースですが、AZ80はTechnicsのロゴがゴールドになっており、天面にも高級感があります。

一方AZ60M2はTechnicsのロゴはシルバーで天面はプラスチック感があり、高級感はあまりありません。

またAZ80は充電ケースを閉めるときやイヤホンを充電ケースにしまうときにも上品さがあり、音が小さく感じました。

良いものを使っているという感覚があります。

technics-eah-az80-eah-az60m2-charging-case-side-1
左:AZ80、右:AZ60M2
technics-eah-az80-eah-az60m2-charging-case-side-2
上:AZ80、下:AZ60M2

また充電ケースの大きさはAZ80のほうがやや小さいです。

technics-eah-az80-eah-az60m2-charging-case-opened
左:AZ80、右:AZ60M2

充電ケースの中身はどちらもサラサラとしています。

ノズル部分の収納部分はAZ80のほうが広く、より掃除しやすいです。

technics-eah-az80-eah-az60m2-charging-case-opened
左:AZ80、右:AZ60M2

イヤホン本体はどちらもタッチパネル部分にスピン加工が施されており、高級感があります。

しかしこの加工にも違いがあり、AZ80はブラックが基調でそこに光沢感がある印象です。

AZ60M2は光沢感が強く、角度によっては白っぽく見えます。

technics-eah-az80-eah-az60m2
上:AZ80、下:AZ60M2

イヤホンを比較してみるとAZ80のほうが独特な形状になっており、耳の奥まで入りそうな形状になっています。

装着感

AZ80は耳の奥まで入ってくる印象です。

そのため人によっては耳の奥まで入りきらず、イヤホンが耳の外に出てきてしまうことがあります。

AZ80は耳の奥までしっかり装着することができる人はかなり安定すると思いますが、それ以外の人はあまり安定感を感じられないかもしれません。

一方AZ60M2は耳の奥ギリギリあたりで装着できる感じです。

そのため軽い装着感ながら、安定した装着感です。

音質

同じスマートフォンの音量で比較すると、AZ60M2のほうが大きな音が出ました。

音質の点では、AZ80は低音が重いぶん、聴き疲れしやすそうに感じました。

一方AZ60M2は音に透明感があり、空間が広く、見通しが良く感じました。

低音は聴き疲れしにくいながら、十分に量や響きを感じます。

ノイズキャンセリング性能

どちらもほぼ無音とはいきませんが、全体的に周りの音を小さくしてくれます。

どちらも圧迫感はあまりありません。

ただ装着感の影響か、AZ60M2のほうがノイズキャンセル性能が高いと感じました。

外音取り込み性能

どちらも周りの音は自然に聞こえ、自分の声もこもりにくいので装着したまま会話することができます。

ただAZ60M2のほうが自分の声のこもりは少なく感じました。

まとめ

今回は、テクニクス EAH-AZ80とEAH-AZ60M2を徹底比較しました。

EAH-AZ80は高級感がありますが、独自形状になったためうまく装着できないという人も多いのではないかと思います。

その結果音質やノイズキャンセル性能に影響を与えてしまっています。

一方EAH-AZ60M2は多くの人が装着しやすい形状だと思います。

音質はEAH-AZ80は低音が強めに感じました。

一方EAH-AZ60M2はすっきりした低音ながら響きがあり、聴きやすいです。

個人的にはEAH-AZ60M2のほうが万人向けなのではないかと感じました。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました