ほぼ理想のiPad用手帳アプリ Pencil Planner レビュー

pencil-planner-eyecatch アプリ

こんにちは、isukoです。

先日、日記を書くメリットと、特にGoodNotes 5で日記を書くメリットについて紹介しました。

【自作テンプレート紹介あり】iPadアプリのGoodNotes 5で日記を書くメリット
iPadアプリのGoodNotes 5で日記を書くメリットについて紹介しています。また、私が作成したシンプルダークテーマの手帳テンプレートについても紹介しています。

その中では書いていませんが、私はその日で重要だったことを月間カレンダーにメモしていたのですが、ページを移動してメモをするのが面倒でした。

そんな中、ある方のYouTube動画でPencil Plannerというアプリが紹介されており、試してみたところ、非常に使い勝手が良かったです。

今回は、Pencil Plannerのレビューをしていきたいと思います。

(2022年4月13日追記)

Pencil PlannerがApple純正リマインダーアプリに対応しました。

アップデート内容は下の記事を参考にしてください。

Apple純正リマインダーアプリに対応 Pencil Plannerアップデート情報
Pencil Plannerのアップデート情報を紹介しました。Pencil PlannerからApple純正リマインダーに連携できるのは非常に便利ですが、気になる点も多い印象です。

Pencil Planner レビュー

Pencil Plannerの良い点

書き込んだ内容な様々なビューで確認できる

pencil-planner-test

例えばデイリービューで上の画像のように書き込んだとします。

pencil-planner-test-2

すると、週間ビューでも上の画像のように書き込んだ内容が反映されています。

また、時間軸の上の「一日中」「メインイベント」と書かれた部分もデイリービューと週間ビューで反映されます。

pencil-planner-test-3

さらに、「メインイベント」と書かれた部分はマンスリービューでも反映されます。

データが他の端末に同期される

データは独自のクラウドを通じて他の端末に同期されます。

そのため、複数の端末を使っていれば、一台が壊れてしまってもそのまま書き続けることができます。

さらに、同期は非常に高速なので、データが消えてしまうということも少ないと思います。

メモを取ることができる

Pencil Plannerではテキストメモや手書きメモを取ることができます。

pencil-planner-note

また、上の画像でリンクと書かれているように、作成したノートはその日のページと紐づけられます。

それにより、どのような背景でメモをしたのかということも把握できます。

(2022年1月6日追記)

例えばPencil Planner内で読書ノートを作成することで、その本を読んで気持ちがどう変化したか、生活リズムがどう変化したかなどを1つのアプリ内で確認することができるようになります。

私が1日1冊の本を楽に読めるようになった方法も紹介しているので、興味のある人は読んでみてください。

私が1日1冊の本を楽に読めるようになった読書法
私が1日1冊の本を楽に読めるようになった読書法を紹介しました。読む前に本を読んで自分が知りたいことを決めておき、記憶しておきたいことを厳選することで、本を早く読めるようになり、記憶にも残りやすくなります。

純正カレンダーアプリと連携できる

Pencil Plannerは純正カレンダーアプリと連携しています。

pencil-planner-schedule-test-1
pencil-planner-schedule-test

まず、純正カレンダーアプリから登録した予定をPencil Planner上で確認することができます。

pencil-planner-schedule-test-3
pencil-planner-schedule-test-4

また、Pencil Plannerから純正カレンダーアプリに予定を追加することも可能です。

アップデートでさらに便利になっていきそう

Pencil Plannerのホームページの「Rodemap」を見てみると、

  • 習慣トラッカー
  • 画像の貼り付け
  • ホームウィジェット
  • ページのテキスト化
  • 手書き検索

などの機能が実装予定となっています。

Pencil Plannerの気になる点

筆記具の選択画面に何も表示されない場合がある

pencil-planner-tools

普通は上の画像のような筆記具の選択画面が表示されます。

この画面を最小化し、再度表示すると、筆記具の画面に何も表示されない場合があります。

少し待てば表示されますが、ややストレスがたまります。

図形の自動整形機能がない

GoodNotes 5であれば、線を引いて少し待つと、直線に整えてくれます。

Pencil Plannerでは定規ツールがあり、これで直線を引くことができますが、定規ツールを選択しなければならないのが面倒です。

純正リマインダーアプリと連携してほしい

純正リマインダーアプリと連携してほしいと思います。

リマインダーにタスクを追加し、それをPencil Planner上で確認できるようになると、より便利に使えるようになると思います。

まとめ

今回は、iPadアプリのPencil Plannerのレビューをしました。

今の時点でも十分優秀ですが、さらなるアップデートが予定されており、非常に期待できるアプリだと思います。

無料でも日記としては全く問題なく使えるので、まずは使ってみてはいかがでしょうか。

(2022年4月13日追記)

Pencil PlannerがApple純正リマインダーアプリに対応しました。

アップデート内容は下の記事を参考にしてください。

Apple純正リマインダーアプリに対応 Pencil Plannerアップデート情報
Pencil Plannerのアップデート情報を紹介しました。Pencil PlannerからApple純正リマインダーに連携できるのは非常に便利ですが、気になる点も多い印象です。
Apple(アップル)
¥15,286 (2022/06/25 21:16時点 | Amazon調べ)
Apple(アップル)
¥11,371 (2022/06/25 21:16時点 | Amazon調べ)
Apple(アップル)
¥70,983 (2022/06/26 06:37時点 | Amazon調べ)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました