【自作テンプレート紹介あり】iPadアプリのGoodNotes 5で日記を書くメリット

goodnotes-5-diary ライフスタイル

こんにちは、isukoです。

先日iPad mini 6が発表され、すでに手に入れた方や、予約したり、購入を検討している方がいると思います。

iPad mini 6が買いな2つの理由
iPad mini 6が買いだと思う2つの理由について紹介しています。非常に多くのアップデートが行われましたし、大画面を求めるのであれば、iPhone 13 Pro MaxよりiPad mini 6のほうがおすすめです。

そんなiPad mini 6は、非常に楽に持ち運ぶことができ、片手でしっかり持てることから、デジタル手帳として非常に使いやすいです。

手帳の用途としては、スケジュールを管理したり、日記を書いたりということがあると思います。

私は紙の手帳を使ったり、デジタル機器を活用したりして、5年以上は日記を書き続けています。

現在のところ、私はiPad mini 5でGoodNotes 5というアプリを使用して日記を書いています。

今回は、まず日記を書くメリット、次に、特にGoodNotes 5を使って日記を書くメリットについて紹介します。

日記を書くメリット

1日やったことを把握できる

時間軸で管理することで、自分が1日にどんなことにどれだけの時間を使っていたかが把握できるようになります。

例えば、私は

  • 黒:食事や作業等
  • 赤:健康のために行っていること
  • 青:仕事に関すること
  • 緑:趣味に関すること

と色分けをして時間軸を管理しています。

これによって、自分が何に時間を使っているかが把握できるようになり、行動を改善するきっかけになります。

記憶力が高まる

寝る前にまとめて日記を書こうとすると、最初のうちは何をしたかなかなか思い出せないかもしれません。

しかし、続けていくことで、すぐに思い出せるようになってくると思います。

私の場合、日記を書き始めた当初は食事で何を食べたか思い出せないことが多かったですが、今は思い出せるようになりました。

考えをリセットできる

自分が頭の中で考えていることを書くことで、頭の中からその考えを追い出すことができ、頭をスッキリさせることができます。

そうすることで、不安な気持ちを軽減したり、考えがまとまったりすると思います。

GoodNotes 5を使って日記を書くメリット

修正が簡単

goodnotes-5-diary

紙の手帳であれば、書いた字を消す場合、消しゴムや修正テープを取り出す必要があります。

しかも、消しても跡が残ってしまい、きれいには消せません。

一方、GoodNotes 5では画面上の消しゴムボタンをタップして消したい部分をこするだけで、簡単に、跡も残らず修正できます。

さらに、第2世代Apple Pencilではペンをダブルタップするだけで消しゴムに切り替わるため、より簡単に修正できます。

かさばらない

紙の手帳を保管しておこうとすると、本棚が圧迫されていき、スペースをとってしまいます。

一方、GoodNotes 5で書いた日記はデータのため、iPadのサイズ分しか場所を取りません。

検索ができる

紙の手帳の場合、何かについていつ書いたのかを調べたいときは、ページを1枚1枚めくり、内容を確認する必要があります。

しかし、GoodNotes 5は手書き文字の検索を行うことができます。

goodnotes-5-search

乱雑に書いた字では検索できないかもしれませんが、少しくずれた字であれば上の画像のように問題なく検索することができます。

iCloudに同期ができる

紙の手帳であれば、紛失してしまった場合、その内容を復元することはできません。

しかし、GoodNotes 5はiCloudに書き込んだ内容を同期することができます。

iCloudに同期しておけば、iPadが壊れても、元のデータはiCloud上に保存されているため、復元することが可能です。

リンクが貼られた手帳テンプレートを使用すれば、ページ間の切り替えが簡単

GoodNotesには、PDFファイルを読み込むことができます。

PDFファイルにはリンクを貼ることができ、リンクが貼られたPDFファイルを使用することで、例えばデイリーのページからマンスリーのページへ、またマンスリーのページからデイリーのページへ移動することができます。

自作手帳テンプレートの紹介

goodnotes-5-diary

私は自作の手帳テンプレートを作成して日記を書いています。

SONYがリンクが貼られた手帳テンプレートを配布していますが、

  • ライトテーマ(白地)
  • デイリーページに時間軸がない

ということもあり、自分で作成することにしました。

私はデザインのスキルはありませんし、それほど凝ったこともしないので、目にやさしいシンプルなダークテーマの手帳テンプレートを作成しました。

デイリーページからマンスリーのページへ、またマンスリーのページからデイリーのページへリンクが貼られています。

2021年4月〜2022年3月までで800円で販売していましたが、お試し価格ということで、現在は200円で販売しています。

(2022年4月4日追記)

旧年度版になりましたので、無料で配布しています。

新しく作成してほしいという人は、私のTwitterアカウントでこの記事を紹介しているツイートに「いいね」をお願いします。

GoodNotes 5で日記を書きたくなったという人は、ぜひ購入してみてください。

詳しくは、下のバナーをチェックしてください。

まとめ

今回は、iPadで日記を書くメリットについて紹介しました。

自分が何に時間を使っているか把握でき、また、思考のリセットをすることができます。

さらに、GoodNotes 5というアプリを使えば、同期や手書き文字の検索が簡単にできたり、紙の手帳にはないメリットがあります。

GoodNotes 5で日記を書きたくなったという人は、私の自作手帳テンプレートを購入して試してみてください。

Apple(アップル)
¥89,800 (2022/08/07 11:49時点 | Amazon調べ)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました