100W給電、4K出力可能で頑丈 NIMASO USB-C to Cケーブル レビュー | 繊細ガジェットレビュー
当サイトはプロモーションが含まれています

100W給電、4K出力可能で頑丈 NIMASO USB-C to Cケーブル レビュー

nimaso-usb-c-to-c-cable その他ガジェット

こんにちは、isukoです。

先日AnkerのPowerLine III Flow USB-C & USB-Cケーブルをレビューしました。

非常に柔らかく、扱いやすい充電ケーブル Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C レビュー
Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-Cをレビューしました。非常に柔らかく、扱いやすい充電ケーブルです。

非常にやわらかく、扱いやすいケーブルだと感じましたが、PITAKAのMagEZ Standのワイヤレス充電ができない相性問題があり、返品することになりました。

その代わりとしてNIMASOのUSB-C to Cケーブルを購入しました。

今回は、NIMASOのUSB-C to Cケーブルをレビューします。

NIMASO USB-C to Cケーブル 開封

nimaso-usb-c-to-c-cable-package-front

パッケージ表面にはロゴ等があるだけで非常にシンプルです。

nimaso-usb-c-to-c-cable-package-back

パッケージ背面にはカスタマーサポートの連絡先などが書かれています。

nimaso-usb-c-to-c-cable-unpackaged

パッケージを開封すると、ケーブル本体とユーザーマニュアルが入っています。

nimaso-usb-c-to-c-cable

ケーブルにはマジックテープが付いており、ケーブルと束ねることができます。

また、コネクタ部分にはカバーがついています。

NIMASO USB-C to Cケーブル レビュー

NIMASO USB-C to Cケーブルの良い点

100W給電が可能

100Wでの充電が可能です。

私の環境では100W給電が必要なデバイスがないので確認できませんが、iPad miniの充電は十分高速にできている印象です。

4K/60Hzでの映像出力が可能

4K/60Hzでの映像出力が可能です。

私の環境ではWQHDの出力までしかできませんが、M1 Mac miniのディスプレイを出力できることが確認できました。

耐久性が高そう

ケーブルがかたいので、力を加えてもケーブルが凹むような感じはありませんでした。

耐久性は高いと思います。

クセがつきにくい

ケーブルがかたいので、クセはつきにくいと思います。

NIMASO USB-C to Cケーブルの気になる点

ケーブルが非常に太い

ケーブルが非常に太いです。

私はPITAKAのMagEZ Standのワイヤレス充電のためにNIMASOのケーブルを使用するつもりでいましたが、MagEZ Standのケーブル固定部分よりケーブルが太いため、使用することができませんでした。

また、AnkerのMagnetic Cable Holderも少し広がってしまっています。

太めということは知っていましたが、予想以上に太かったです。

まとめ

今回は、NIMASOのUSB-C to Cケーブルをレビューしました。

100Wでの給電、4K/60Hzでの映像出力が可能で2,000円を切る価格なので、コストパフォーマンスは高いと思います。

耐久性は高そうですが、ケーブルが非常に太いので、扱いにくい部分もあります。

頑丈でコスパの高いケーブルを求めている人は、検討してみてはいかがでしょうか。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました